法人印とは

イメージ画像

会社で使う印鑑を法人印といい、丸印と角印があります。
言い方はさまざまで、代表印や社印などとも呼ばれます。
丸印と角印の違いは主に用途が異なっています。
丸印は会社実印の事で、会社設立の登記の際に法務局に登録され、
各種契約書などに印鑑証明と共に捺印する印鑑です。
丸印を押す時は印鑑証明との印影の照合を行いますので、
住所などが書かれた社判と印影が重ならないようにして位置をずらして捺印するようにしましょう。
通常は「印」という文字で丸印を押す位置が示されていることが多いようです。
丸印は会社の実印ですから、管理にも注意が必要で、
権限のない者が無断で使用した場合でも、
相手側が会社の意志であるとして損害賠償を求めてくる事もありますので、
ある程度の役職者の承認がなければ簡単に押すことができなくするようにしましょう。

一方、角印は丸印とは違い、
請求書や領収書などの日常業務で日々使っている書類に捺印するもので、
その会社から発行された書類であることを保証する役割をもっています。
角印を押す位置は、一般的に住所が示された社判の社名や
代表者名の最後の1文字に重なる程度の位置に捺印するようになっています。
角印は丸印のように印影の照合を行うことがありませんから、
偽造を防止する意味でも社判と重なる位置に捺印するのです。
いわば会社の認印ですので、管理もさほど厳しくする必要もありません。
ただし、その会社が発行した書類であることを保証するものですから、
社員が無断で誰でも簡単に使用できるのは良くありません。
角印も規則などで管理者を定めて、むやみに乱用できないようにしておきましょう。



このページの先頭へ